地球規模で遠隔操作できるブルドーザー
(2016/07/23 11:23:00)
「AWS IoT ボタン」を用いずにインターネット経由でスマホによるラジコン操作
作品の簡単な説明
スマートフォンから操作できるブルドーザーロボットです。前進、後退、回転が可能です。Qoosky WebSocket API を利用しています。制作費は Raspberry Pi が既に手元にあれば追加でおおよそ 1 万円です。センサー機能が搭載されていないため正確な操作はできませんが、学校や職場から自宅のロボットを動かすこともできます。
パーツを購入して大まかな部品を組み立てる (1日目) 1ページ目 (全 6 ページ)

必要な部品リスト

Raspberry Pi 一式が既に手元にある場合、工作に必要な部品リストは以下のとおりです。

部品名 参考価格 個数
2チャンネルリモコン ブルドーザー工作基本セット 1,800 円 1個
Grove I2C モータードライバモジュール 1,740 円 1個
I2C 接続キャラクタ LCD モジュール ACM1602NI 1,280 円 1個
cheero Canvas 3200mAh IoT 機器対応 モバイルバッテリー 3,240 円 1個
9V形 乾電池 300 円 (使い捨ての場合) 1個
10k 半固定抵抗 30 円 1個
1k 抵抗 20 円 1個
ユニバーサル基板 200 円 1個
画像ネットプリント 30 円 (写真サイズ) 5個
1.0mm プラ板 二枚入り 418 円 1個
5.0mm プラ棒 515 円 1個
セメダイン ホビー用 20ml CA-221 182 円 1個
セメダイン 貼ってはがせる粘着材 448 円 1個
合計 10,323 円 -

手元に届いたので早速組み立ててみます。

工作キット

Uploaded Image

付属の説明書を読みながら組み立てます。後にプラ板で作るボックスがやや重たいため、モーターの負荷を考慮してブルドーザーの部品が上下に稼動しないモードで組み立てました。8 コマのベルトが不要であったりする等、数カ所つまずきポイントがありました。なお、コントローラはスマートフォンで代用するため、組み立て不要です。

Uploaded Image

細かいパーツを除くと、おおよそこれらのモジュールを組み合わせれば完成します。

Uploaded Image