赤外線の距離センサは、超音波距離センサと比較して測定できる距離は短めですが、残響を気にする必要がないため短時間に連続して値を取得できます。そのため、接近する物体との距離に応じたサーボモータの制御をリアルタイムに行うことができたりします。 作り方 必要なパーツ セロハンテープ、つまようじ、ティッシュペーパーは、サーボモータに持たせる白旗を作るためのものです。
Smart Totter 頭はいいけど足腰が弱い 一定の規則のもとに用意された迷路を、独自の制御プログラムでバランスを取りながら進みます。その過程で得られた壁情報を自身の思考ルーチンで解き、ゴールを目指します。世界的にも有名な競技ロボットで、大会では、スタートからゴールまでに要した時間を競います。上級者になると、コースを斜めに直進して走らせたり、曲線的にターンしたりと、タイムを縮めるための様々な