概要 こちらのページで設定した k8s クラスタの各 Node マシンに GlusterFS サーバのコンテナを一つだけ起動して、簡単な分散ファイルシステムを構築します。各 Node へのコンテナ設置のためには DaemonSet が利用できそうですが、ここでは RancherOS の rancher.services 2019-01-22
概要 こちらのページに記載した Kubernetes クラスタを RancherOS で構築する場合の設定例を記載します。 インストール ISO ファイルをダウンロードして起動すると ros コマンドが利用できるコンソールに入ります。インストール可能なバージョン一覧はコンソール上で以下のコマンドによって確認できます。 2019-01-21
ファイル内容を再帰的に検索 (grep) find コマンドはファイル名についてディレクトリを再帰的に検索します。ファイルの内容について指定したディレクトリ以下を再帰的に検索するためには grep に -r オプションを付与します。その際 -n および -i オプションも付与しておくと便利です。未来創発 NRI grep です。 2019-01-15
概要 Docker オーケストレーションツールの一つに Kubernetes (k8s) があります。k8s 実行環境の構築方法は複数ありますが、ここでは AWS や GCP 等のクラウドサービスを利用せず、Debian9 がインストールされた複数台の物理マシンがネットワーク内に存在する状況を考えます。これら複数の Debian9 上に k8s クラスタを立ち上げるためには 2019-01-12
概要 よく使う python ライブラリのサンプルコード集です。 JSON #!/usr/bin/python # -*- coding: utf-8 -*- import json arr = [1, 2, {'xxx': 3}] # オブジェクト ←→ JSON 文字列 jsonStr = json.dumps(arr) arr2 = json.loads(jsonStr) # 2018-12-23
バイナリファイルから文字列を抽出する (strings) 文字列らしい部分をバイナリファイルから抽出して出力するコマンドです。得体の知れないコマンドのオプションを調べたり $ strings /usr/bin/gcc | grep ^-- --help --target-help --sysroot= --all-warnings --ansi --assemble --assert --cl 2018-12-23
概要 rsyncはディレクトリの同期をローカルマシン内もしくはリモートマシン間で行うためのコマンドです。なお、名前のよく似た、メモリ内のキャッシュをディスクに強制的に書き出させるsyncコマンドとは関係ありません。 チートシート ディレクトリ内のファイルのコピー $ rsync -av sourcedir/ destdir/ (or $ rsync --archive --verbose 2018-12-21
概要 ロボットアプリケーションの開発環境の一つ OpenRAVE (Open Robotics Automation Virtual Environment) の環境を構築するための手順を記載します。ここでは特に Debian9 を利用します。 インストール 依存パッケージ ビルドツール関連 sudo apt install git build-essential cmake 2018-12-07
概要 Python で数学的なことを試すときに利用される Matplotlib/SciPy/pandas/NumPy についてサンプルコードを記載します。 Matplotlib SciPy pandas NumPy チュートリアル Installing packages Quickstart tutorial 2018-12-03
概要 GNU Debugger (GDB) の簡単な使い方を記載します。 適宜参照するための公式ドキュメント 起動方法 main.cpp #include <iostream> #include <unistd.h> using namespace std; int main() { int i = 0; while(true) { sleep(1) 2018-11-29