概要 3D アプリケーション間でデータを交換するためのファイルフォーマットの一つに COLLADA (COLLAborative Design Activity) があります。コンピュータグラフィックスのレンダリングに必要な情報およびその他付随する情報を格納できます。COLLADA の仕様にしたがった XML スキーマファイルの拡張子は通常 2018-10-19
概要 ZeroMQ を Python から利用する場合のサンプルコードを記載します。 Fixing the World To fix the world, we needed to do two things. One, to solve the general problem of "how to connect any code to any code, anywhere". Two, 2018-10-18
概要 よく使う python ライブラリのサンプルコード集です。 JSON #!/usr/bin/python # -*- coding: utf-8 -*- import json arr = [1, 2, {'xxx': 3}] # オブジェクト ←→ JSON 文字列 jsonStr = json.dumps(arr) arr2 = json.loads(jsonStr) # 2018-10-18
履歴にタグを付与する (git tag) 一覧表示 タグだけを一覧表示 $ git tag ログにタグ情報を付与して表示 $ git log --decorate=full 直近のコミットにタグを付与 コメントあり $ git tag -a v1.0 -m 'コメント' コメントなし $ git tag v1.0 2018-10-15
特徴点の検出 Feature Detection 特徴点として利用できるものの一つに、物体の角があります。 Feature Detection and Description import numpy as np import cv2 as cv img = cv.imread('myimage.png') gray = cv.cvtColor(img,cv.COLOR_BGR2G 2018-10-05
ファイル内容を再帰的に検索 (grep) find コマンドはファイル名についてディレクトリを再帰的に検索します。ファイルの内容について指定したディレクトリ以下を再帰的に検索するためには grep に -r オプションを付与します。その際 -n および -i オプションも付与しておくと便利です。未来創発 NRI grep です。 2018-09-30
概要 こちらのページで用意した環境を用いて、画像の基本的な扱い方を把握します。 Core Operations 切り出し Region of Interest (ROI) RGB で処理するために Matplotlib を利用することにします。 from matplotlib import pyplot as plt import matplotlib.image as mpimg 2018-09-26
バイナリファイルから文字列を抽出する (strings) 文字列らしい部分をバイナリファイルから抽出して出力するコマンドです。得体の知れないコマンドのオプションを調べたり $ strings /usr/bin/gcc | grep ^-- --help --target-help --sysroot= --all-warnings --ansi --assemble --assert --cl 2018-09-23
概要 データをもとにして DOM を操作する D3.js (Data-Driven Documents) の基本的な使い方を記載します。特にバージョンは v5 を対象とします。 Gallery D3 API Reference Hello world HTTP サーバ 外部からデータを読み込むために CORS 2018-09-18
概要 データ可視化ツールの一つ Grafana の簡単な使い方を把握します。 Grafana Documentation インストール APT APT レポジトリを追加します。 sudo vim /etc/apt/sources.list.d/grafana.list deb https://packagecloud.io/grafana/stable/debian/ stretc 2018-09-14