概要 DHCP 環境下などで IP が動的に付与される場合は DNS レコードを動的に更新する必要があります。これを実現する Dynamic Update 機能が BIND 9 には実装されています。使用方法をまとめます。Dynamic Update に対応した DNS を特に Dynamic DNS または DDNS とよぶことがあります。なお、事前に 2019-06-02
概要 コイルとコンデンサはエネルギーを蓄えることができます。コンデンサは電位差のある電荷としてエネルギーを蓄えます。コイルは磁界としてエネルギーを蓄えます。「電源からエネルギーを蓄える期間」と「蓄えたエネルギーを放出する期間」を交互に繰り返す回路を設計することで、全体として電源から取り出せるエネルギーの総和は同じであっても、瞬間的に取り出せるエネルギーの最大値を高めることができます。「エネルギー 2019-06-02
概要 バージョン 1 の AngularJS で jQuery を内部的に利用できるのと同様に、こちらのページで基本的な使用方法を把握した React でも jQuery を内部的に利用した component を作成できます。本ページでは実際に jQuery プラグインをラップした簡単な React component のサンプルコードを示します。 2019-06-02
python を用いた例 書籍や公式ドキュメントなどを見ると、Raspberry Pi は python を (発音が似ているからでしょうか) 標準的な言語としてサポートしているように思われます。python には GPIO を操作するライブラリが標準で導入されています。 デジタル出力 #!/usr/bin/env python # -*- coding: utf-8 -*- import R 2019-06-02
I2C とは I2C (Inter Integrated Circuit; アイ スクエア シー) はシリアル通信の方式の一つです。この規格に準拠したデバイス同士は、二本の信号線だけでデータのやりとりを行えます。デバイス同士は対等ではなく、マスターに一つ以上の I2C スレーブを接続します。これらスレーブは同じ種類の IC である必要はありません。各種センサー、LCD、モータードライバ、A/D 2019-06-02
ADS1015 について Raspberry Pi には A/D コンバータが内蔵されていません。デジタル入出力、アナログ出力に加えてアナログ入力を行うためには外部 IC を利用する必要があります。ここでは I2C デバイスの ADS1015 を利用します。事前に I2C 設定を行っておいてください。 Python ライブラリを用いたサンプル 2019-06-02
基本的な構文 #include <iostream> #include <cstdlib> using namespace std; void MyFunc() { if(true) { throw "MyFunc"; } // 正常時の処理... } int main() { try { if (true) { // エラー判 2019-06-02
サンプルコード集 引数のないマクロ #include <iostream> using namespace std; #define EPS (1e-7) #define INF 1e9 int main() { cout << EPS << endl; cout << INF << endl; return 0; } 2019-06-02
サンプルコード #include <iostream> using namespace std; class MyClass { public: // 外部からも派生クラスからも見える int Get() const; private: // 外部からも派生クラスからも見えない protected: // 外部からは見えないが派生クラスからは見える int m_intval; 2019-06-02
概要 インターフェイスに IP を設定しただけでは他のデバイスと通信できません。各デバイスにルーティングテーブルを設定する必要があります。こちらのページに記載した通り、ルーティングテーブルの設定方法には動的に自動設定するものと、静的に手動設定するものの二種類があります。ここでは静的に手動設定するスタティックルートの方法を紹介します。 2019-06-02