概要 ユーザーからの値の入力 (C++のcinやCのscanfに相当) をシェルスクリプトで行うためには、readコマンドを用います。 sample.sh #!/bin/sh echo "Type something: \c" # '\c'で改行しないようにできます。 read ANS echo "You typed:" ANS
概要 EC2 インスタンスは OS などを格納するファイルシステムのために最低限一つの EBS (Elastic Block Store) ボリュームを必要とします。これを Root ボリュームとよびます。本ページでは Root EBS に加えてデータ格納用の EBS を EC2 インスタンスから利用するための設定をまとめます。
概要 Rails側のモデルに即した形でデータベース側のテーブル設定を変更したりする際に役立つマイグレーション機能、およびその関連事項について簡単にまとめてみます。マイグレーションはデータベースのテーブルレイアウトの差分に相当します。ある状態のテーブルレイアウトから、その差分を用いて新たなテーブルレイアウトにマイグレート (移行) するのです。
概要 Dockerfile を書く際に気になるポイント集です。「Best practices for writing Dockerfiles」および「Dockerfile Reference」をもとにしています。 Dockerfile ポイント集 .dockerignore で不要なファイルを除外 Dockerfile をもとに build コマンドを実行すると Dockerfile の存
概要 クラスライブラリjava.net.URLを利用することで、URLで指定したリソースを取得することができます。 sample.java import java.net.URL; import java.io.InputStream; //リソース取得後の出力用 class Sample { public static void main(String args[]) {
概要 m x n 行列 A は、特異値分解 SVD (Singular Value Decomposition) によって次の形式に分解できます。 A = U \cdot W \cdot V^T W は対角行列で、対角成分は特異値とよばれます。特異値のうち大きい方からいくつかのみを残して残りを 0 にすることで、もとの行列 A を近似できます。
概要 他の言語と同様にrubyにも様々なテストツールがありますが、その中でも特にrspecというテストツールについて使用方法を記載します。rspecのバージョンは3.1を想定しています。本ページの内容を越えるものは、以下の公式ページをご参照ください。 チュートリアル rspec-expectations rspec-mocks
概要 TCP/IP モデルのうちトランスポート層ではなく、インターネット層およびネットワークインターフェイス層のパケット (正確には PDU) を扱う低レイヤープログラミングの雑多なテクニックをまとめます。『ルーター自作でわかるパケットの流れ』などを参考にしています。バックアップ目的で書籍のサンプルコードをホスティング
概要 Java のコレクションは以下の何れかのインターフェースを実装しています。 java.util.List java.util.Set java.util.Map それらとは別の概念として、リストに似たデータ構造の「配列」があります。 List と異なり、サイズを変更できません。 List と異なり、基本型の配列を宣言できます。
ファイル内容を再帰的に検索 (grep) find コマンドはファイル名についてディレクトリを再帰的に検索します。ファイルの内容について指定したディレクトリ以下を再帰的に検索するためには grep に -r オプションを付与します。その際 -n および -i オプションも付与しておくと便利です。未来創発 NRI grep です。