概要 FileおよびDirクラスを使用することで、ファイルおよびディレクトリの存在確認ができます。また、Dirクラスでディレクトリ作成や削除を行うこともできます。 サンプルコード sample.rb #!/usr/bin/ruby # -*- coding: utf-8 -*- p File.exists? 'sample.txt' `touch sample.txt` p File.ex
構造体のように初期化する (非推奨) #include <iostream> using namespace std; const int MAX_STR = 16; class MyClass { public: int m_integer; char m_str[MAX_STR + 1]; void Show(); }; void MyClass::Show()
概要 ユーザーからの値の入力 (C++のcinやCのscanfに相当) をシェルスクリプトで行うためには、readコマンドを用います。 sample.sh #!/bin/sh echo "Type something: \c" # '\c'で改行しないようにできます。 read ANS echo "You typed:" ANS
概要 EC2 インスタンスは OS などを格納するファイルシステムのために最低限一つの EBS (Elastic Block Store) ボリュームを必要とします。これを Root ボリュームとよびます。本ページでは Root EBS に加えてデータ格納用の EBS を EC2 インスタンスから利用するための設定をまとめます。
概要 Rails側のモデルに即した形でデータベース側のテーブル設定を変更したりする際に役立つマイグレーション機能、およびその関連事項について簡単にまとめてみます。マイグレーションはデータベースのテーブルレイアウトの差分に相当します。ある状態のテーブルレイアウトから、その差分を用いて新たなテーブルレイアウトにマイグレート (移行) するのです。
概要 HTTP Proxy として利用される squid について、設定例を記載します。 localnet の定義 127.0.0.1 に対しては localhost および to_localhost という組み込みの名称のキーワードが利用できます。その他のプライベートIP に対するキーワードは独自に定義する必要があります。
概要 Dockerfile を書く際に気になるポイント集です。「Best practices for writing Dockerfiles」および「Dockerfile Reference」をもとにしています。 Dockerfile ポイント集 .dockerignore で不要なファイルを除外 Dockerfile をもとに build コマンドを実行すると Dockerfile の存
概要 クラスライブラリjava.net.URLを利用することで、URLで指定したリソースを取得することができます。 sample.java import java.net.URL; import java.io.InputStream; //リソース取得後の出力用 class Sample { public static void main(String args[]) {
概要 m x n 行列 A は、特異値分解 SVD (Singular Value Decomposition) によって次の形式に分解できます。 A = U \cdot W \cdot V^T W は対角行列で、対角成分は特異値とよばれます。特異値のうち大きい方からいくつかのみを残して残りを 0 にすることで、もとの行列 A を近似できます。
概要 他の言語と同様にrubyにも様々なテストツールがありますが、その中でも特にrspecというテストツールについて使用方法を記載します。rspecのバージョンは3.1を想定しています。本ページの内容を越えるものは、以下の公式ページをご参照ください。 チュートリアル rspec-expectations rspec-mocks