Kibana 4.1 導入手順
[履歴] (2015/09/10 07:01:52)
ここは
モノづくり総合プラットフォーム。記事の一部は有料設定にして公開できます。 詳しくはこちらをクリック📝
最近の投稿
注目の記事

概要

Elasticsearch を利用して情報を可視化する Kibana について簡単にまとめます。少し前にまとめた『Elasticsearch 導入のための基礎知識』をもとに Elasticsearch は準備済みであるとします。

参考にしたページ

実行手順

Downloads | Kibana からダウンロードおよび解凍して以下のコマンドを実行してください。

$ bin/kibana

チュートリアル

サンプルデータをダウンロードして解凍

カスタムマッピングを作成 (accounts インデックスは自動生成されるマッピングで対応可能)

curl -XPUT http://localhost:9200/shakespeare -d '
{
  "mappings" : {
    "_default_" : {
      "properties" : {
        "speaker" : {"type": "string", "index" : "not_analyzed" },
        "play_name" : {"type": "string", "index" : "not_analyzed" },
        "line_id" : { "type" : "integer" },
        "speech_number" : { "type" : "integer" }
      }
    }
  }
}'

curl -XPUT http://localhost:9200/logstash-2015.05.18 -d '
{
  "mappings" : {
    "log" : {
      "properties" : {
        "geo" : {
          "properties" : {
            "coordinates" : {
              "type" : "geo_point"
            }
          }
        }
      }
    }
  }
}'

curl -XPUT http://localhost:9200/logstash-2015.05.19 -d '
{
  "mappings" : {
    "log" : {
      "properties" : {
        "geo" : {
          "properties" : {
            "coordinates" : {
              "type" : "geo_point"
            }
          }
        }
      }
    }
  }
}'

curl -XPUT http://localhost:9200/logstash-2015.05.20 -d '
{
  "mappings" : {
    "log" : {
      "properties" : {
        "geo" : {
          "properties" : {
            "coordinates" : {
              "type" : "geo_point"
            }
          }
        }
      }
    }
  }
}'

データを流し込む

curl -XPOST 'localhost:9200/accounts/account/_bulk?pretty' --data-binary @accounts.json
curl -XPOST 'localhost:9200/shakespeare/_bulk?pretty' --data-binary @shakespeare.json
curl -XPOST 'localhost:9200/_bulk?pretty' --data-binary @logs.jsonl
curl 'localhost:9200/_cat/indices?v'

公式ドキュメントの画像説明を見ながら操作 (Elasticsearch の Aggregation が多用されていることが分かります)

Uploaded Image

関連ページ