Raspberry Pi ピン配置などを公式ドキュメントで調べる
[History] [Last Modified] (2016/05/29 15:56:20)
ここは
趣味のプログラミングを楽しむための情報共有サービス。記事の一部は有料設定にして公開できます。 詳しくはこちらをクリック📝
Recent posts
Popular pages

公式ドキュメント

Raspberry Pi 公式ドキュメントにはインストール方法や初期設定などが記載されています。

Raspberry Pi Documentation

ピン配置 / GPIO

GPIO: Models A+, B+, Raspberry Pi 2 B and Raspberry Pi 3 B


Uploaded ImageUploaded Image

Model A+, B+ and B2 (および Raspberry Pi 3 B)

回路図

Schematics

寸法

Mechanical Drawings

Related pages
    「AWS IoT ボタン」を用いずにインターネット経由でスマホによるラジコン操作 スマートフォンから操作できるブルドーザーロボットです。前進、後退、回転が可能です。Qoosky WebSocket API を利用しています。制作費は Raspberry Pi が既に手元にあれば追加でおおよそ 1 万円です。センサー機能が搭載されていないため正確な操作はできませんが、学校や職場から自宅のロボットを
    概要 電子工作や製品のプロトタイピング (例『地球規模で遠隔操作できるブルドーザー』) で利用される Raspberry Pi 3 について、こちらのページで構築した環境で Android Things アプリケーションを開発できます。 本ページでは、簡単な例として LED を点灯させるアプリケーションを扱います。より実用的なアプリケーションを開発する際には
    ADS1015 について Raspberry Pi には A/D コンバータが内蔵されていません。デジタル入出力、アナログ出力に加えてアナログ入力を行うためには外部 IC を利用する必要があります。ここでは I2C デバイスの ADS1015 を利用します。事前に I2C 設定を行っておいてください。 Python ライブラリを用いたサンプル
    I2C とは I2C (Inter Integrated Circuit; アイ スクエア シー) はシリアル通信の方式の一つです。この規格に準拠したデバイス同士は、二本の信号線だけでデータのやりとりを行えます。デバイス同士は対等ではなく、マスターに一つ以上の I2C スレーブを接続します。これらスレーブは同じ種類の IC である必要はありません。各種センサー、LCD、モータードライバ、A/D
    python を用いた例 書籍や公式ドキュメントなどを見ると、Raspberry Pi は python を (発音が似ているからでしょうか) 標準的な言語としてサポートしているように思われます。python には GPIO を操作するライブラリが標準で導入されています。 デジタル出力 #!/usr/bin/env python # -*- coding: utf-8 -*- import R