Android Activity ライフサイクルの様子を把握するための簡易サンプルコード
[履歴] [最終更新] (2017/08/11 17:17:02)
ここは
趣味のプログラミングを楽しむための情報共有サービス。記事の一部は有料設定にして公開できます。 詳しくはこちらをクリック📝
最近の投稿
注目の記事

概要

こちらのページの情報をもとに構築した開発環境を想定し、Android アプリケーションのコンポーネントの一つである Activity についてライフサイクルの様子を把握するための簡易サンプルコードです。

ライフサイクルの状態遷移図

Uploaded Image

簡易サンプルコード

実際に操作してログを確認することでライフサイクルの様子を把握します。

package com.example.mycompany.myapp;

import android.os.Bundle;
import android.support.v7.app.AppCompatActivity;
import android.util.Log;

public class MainActivity extends AppCompatActivity {

    private static final String TAG = "MainActivity";

    @Override
    protected void onCreate(Bundle savedInstanceState) {
        super.onCreate(savedInstanceState);
        setContentView(R.layout.activity_main);
        Log.d(TAG, "created");
    }

    @Override
    protected void onStart() {
        super.onStart();
        Log.d(TAG, "started");
    }

    @Override
    protected void onRestart() {
        super.onRestart();
        Log.d(TAG, "restarted");
    }

    @Override
    protected void onResume() {
        super.onResume();
        Log.d(TAG, "resumed");
    }

    @Override
    protected void onPause() {
        super.onPause();
        Log.d(TAG, "paused");
    }

    @Override
    protected void onStop() {
        super.onStop();
        Log.d(TAG, "stopped");
    }

    @Override
    protected void onDestroy() {
        super.onDestroy();
        Log.d(TAG, "destroyed");
    }
}
関連ページ
    概要 Android アプリケーションは一つ以上の Activity、Service を含みます。インテントは Activity、Service 間でやり取りされるメッセージオブジェクトです。例えば、ある Activity から別の Activity や Service を起動するための情報をインテントに含めて Android システムに渡します。Android システムはインテントの内容から適