Windows Server のプロキシ設定をユーザ毎ではなくマシン全体で設定する方法
[履歴] [最終更新] (2021/10/08 22:31:55)

概要

Windows Server に対して手動でプロキシ設定を行なう場合に、ユーザ毎ではなくマシン全体で共通の値を設定する方法を記載します。

Local Group Policy の編集

gpedit を起動します。

Uploaded Image

「Computer Configuration」→「Administrative Template」→「Windows Components」→「Internet Explorer」を開きます。

Uploaded Image

以下の三つを Enabled に変更します。

  • Make proxy settings-per-machine (rather than per-user)
    • マシン全体でプロキシ設定を共通化するためのオプションです。まずはこの項目を Enabled に変更して、マシン全体のプロキシ設定を行います。
  • Disable changing Automatic Configuration settings
    • 「自動構成の変更」をグレーアウトして変更できないようにします。
  • Prevent changing proxy settings
    • プロキシ設定をグレーアウトして変更できないようにします。

Uploaded Image

動作検証

LAN settings を開きます。

Uploaded Image

確かにグレーアウトされていることが分かります。

Uploaded Image

関連ページ