文字列 string クラス (C++をもう一度)
[履歴] [最終更新] (2014/12/15 21:05:47)
1
作品
371
技術情報
最近の投稿
ここは
趣味の電子工作を楽しむ人のためのハードウェア情報共有サイト

技術情報や作品の投稿機能、リアルタイム遠隔操作 API をご利用いただけます。
新着作品

サンプルコード

#include <iostream>
#include <string>
#include <cstring> // strcmp を使用するため
using namespace std;

void Show(const char* str) {
    cout << str << endl;
}

int main() {
    // 初期化
    string str = "my string";
    string str2("my string"); // としても同じです

    // 拡張
    str += ", extended";

    // 長さ
    str.size();
    str.length(); // としても同じです

    // 要素取得
    str[0];
    str.at(0); // としても同じです

    // ヌルターミネータを末尾に付与して
    // const char* を返す
    // (str の非constメンバ関数によって
    //  const char* が指すアドレスが解放されたり
    //  書き換えられたりする可能性があることに注意
    // )
    Show(str.c_str()); //=> my string, extended

    // ヌルターミネータ '\0' を string 自体は必要と
    // しないため、要素の途中に '\0' を含められます
    str[1] = '\0';
    Show(str.c_str()); //=> m
    cout << str.size() << endl; //=> 19

    // ヌルターミネータを末尾に付与することを「保証
    // せず」に const char* を返す (ヌルターミネータを
    // 必要としないことを明記できるため c_str() と使い分けると
    // ソースコードが読み易くなります)
    str.data();

    // 標準入力から取得した値を代入
    cout << "INPUT: " << flush; // 改行しないで書き出す (復習)
    getline(cin, str);
    cout << "YOUR INPUT: " << str << endl; // 改行する。そして書き出す (復習)

    // const char* で同じことをやる場合 (復習)
    char cstr[128];
    cout << "INPUT: " << flush;
    cin.getline(cstr, 128);
    cout << "YOUR INPUT: " << cstr << endl;

    // 文字列の比較
    if (str == "string");

    // const char* で同じことをやる場合 (復習)
    // - #include <cstring> が必要
    // - 等しい場合は 0 を返す
    // - 辞書順で cstr < string ならば -1 を返す
    // - 辞書順で cstr > string ならば +1 を返す
    if (strcmp(cstr, "string") == 0);

    // 右から検索、左から検索
    str = "s*ri*g";
    string::size_type rpos = str.rfind("*");
    string::size_type lpos = str.find("*");
    cout << rpos << endl;       //=> 4
    cout << lpos << endl;       //=> 1

    // 二文字以上での検索
    string::size_type pos = str.rfind("ri");
    cout << pos << endl; //=> 2

    // 検索結果がないかどうかの判定
    if( string::npos == str.find("+") ); //=> true

    // 挿入 (↓検索結果の直前に挿入されます)
    str.insert(pos, "_INSERT_");
    cout << str << endl; //=> s*_INSERT_ri*g

    // 文字列の長さを変更
    str.resize(8);
    cout << str.size() << endl; //=> 8
    cout << str.capacity() << endl; //=> 19

    // メモリ領域を予め「最低でも」 32 要素分確保して
    // resize時などに new やコピーの頻度軽減を狙う
    str.reserve(32);
    cout << str.size() << endl; //=> 8
    cout << str.capacity() << endl; //=> 38

    // 空にする
    str.clear();
    cout << str.size() << endl; //=> 0
    cout << str.capacity() << endl; //=> 38

    // 長さが 0 であれば true
    str.empty();

    // 削除して詰める (i 番目から n 文字)
    str = "string";
    str.erase(1, 3);
    cout << str << endl; //=> sng

    str = "string";
    str.erase(1, string::npos); // 最後まで削除
    cout << str << endl; //=> s

    // 置換 (i 番目から n 文字を s で置換)
    str = "string";
    str.replace(1, 3, "TRI");
    cout << str << endl; //=> sTRIng

    // 部分文字列
    str = "string";
    cout << str.substr(1, 3) << endl;            //=> tri
    cout << str.substr(1, string::npos) << endl; //=> tring

    // 日本語の検索
    // - Unicodeを使用するとバイト数は大きくなるが
    //   検索時の問題は避けられる (推奨)
    // - Shift_JISなど日本語用の文字セットを使用すると
    //   バイト数は小さくなるが、検索時に問題が発生 (非推奨)
    str = "予定表.txt";
    string::size_type mbpos = str.find("表");
    cout << mbpos << endl; //=> 3 (UTF-8で符号化されている場合。Shift_JISではエラー)
    str.insert(mbpos, "_挿入_");
    cout << str << endl; //=> 予定_挿入_表.txt

    return 0;
}

文字列を生成 (stringstream)

#include <iostream>
#include <sstream>
using namespace std;

int main() {
    stringstream ss;

    ss.str("");  // 初期化
    ss << "10 9" << flush; // 改行なしで書き出す

    string str = ss.str();
    cout << str << endl; //=> 10 9

    int a, b;
    ss >> a >> b; // cin っぽく
    if(ss.fail()) {
        // 例えば ss に "10" しか入っていない場合 b には
        // 値が格納できず ss.fail() が true になります。
        cerr << "a or b is not initialized." << endl;
    }

    cout << a << endl; //=> 10
    cout << b << endl; //=> 9

    return 0;
}
関連ページ
    テキストモード 読み込み input.txt 1 10 100 2 20 200 main.cpp #include <iostream> #include <fstream> #include <string> #include <cstdlib> // EXIT_FAILURE のため using namespace std; int main() { fstream f
    概要 暗号技術で有名な MD5 や SHA-1, SHA-2 (SHA-256など) はハッシュ関数です。ハッシュ関数はある集合 A から別のある集合 B への写像関数のようなもので、集合 A の要素 a を入力として実行すると集合 B の要素 b が出力されます。このとき要素 b のことを要素 a のハッシュ値とよびます。また、集合 A の要素と集合 B の要素の対応表をハッシュ表とよびます。
    概要 POCO (POrtable COmponents) は Boost と同様に有用な C++ のクラスライブラリです。簡単に使用方法を記載します。Boost Software License で配布されていますが Boost への明示的な依存はなく単体で動作します。 A Guided Tour Of The POCO C++ Libraries