Pythonでの文字列操作
[History] [Last Modified] (2019/04/15 12:21:53)
Recent posts
Qoosky について
プログラミング情報を投稿、有料販売するためのサービスをご利用いただけます。詳細は こちら をご参照ください。
Popular pages

概要

RubyやPerlなどの文字列と概ね同じ感覚で扱えますが、細かい点では様々な違いがあります。
例えば、シングルクォーテーションであってもエスケープシーケンスが使用できます。

sample.py

#!/usr/bin/python
# -*- coding: utf-8 -*-

print 'line1\nline2' # シングルクォーテーションであってもエスケープシーケンスが有効
print r'line1\nline2' # 'r'を付ける (Raw文字列化) ことで無効化可能 (Perlのシングルクォーテーション化)

実行例

$ python sample.py 
line1
line2
line1\nline2

トリプルクォーテーション

ダブルクォーテーションまたはシングルクォーテーションを三つ並べることで、多言語でいうところのヒアドキュメントのような、複数行に渡る文字列を記述できます。

sample.py

#!/usr/bin/python
# -*- coding: utf-8 -*-

docstr = """
Here is some documents describing
the usage of this function.
"""
print docstr

出力例

$ python sample.py 

Here is some documents describing
the usage of this function.

スライシング

シーケンスの一部を切り出します。C言語などのfor文と対応付けて考えると理解がしやすいかもしれません。

sample.py

#!/usr/bin/python
# -*- coding: utf-8 -*-

string = "This is a string."

print string[:4] # for(int i=0; i<4; ++i)
print string[:-1] # for(int i=0; i<string.size()-1; ++i)
print string[1:4] # for(int i=1; i<4; ++i)
print string[1:] # for(int i=1; i<string.size(); ++i)

print string[1::2] # for(int i=1; i<string.size(); i+=2)
print string[::2] # for(int i=0; i<string.size(); i+=2)

print string[3:0:-1] # for(int i=3; i>0; --i)
print string[::-1] # for(int i=string.size()-1; i>=0; --i)

出力例

$ python sample.py 
This
This is a string
his
his is a string.
hsi  tig
Ti sasrn.
sih
.gnirts a si sihT

文字列と数値の変換方法

sample.py

#!/usr/bin/python
# -*- coding: utf-8 -*-

x = 123
y = "123"
print x + int(y)
print x + float(y)
print str(x) + y

出力例

$ python sample.py 
246
246.0
123123

不変性

Pythonの文字列はPerlやRubyと異なり変更ができません。replaceメソッドを用いるなどして、新たな文字列オブジェクトを生成することで対処します。

sample.py

#!/usr/bin/python
# -*- coding: utf-8 -*-

s = "This is a string."

# s[0] = 't'    # エラー
s = s.replace('This', 'this')

print s

出力例

$ python sample.py 
this is a string.

書式指定文字列

C言語などのsprintfに相当する記述もできます。

sample.py

#!/usr/bin/python
# -*- coding: utf-8 -*-

print "%d + %d = %d, %s" % (1, 1, 2, 'is this ok?')

# ディクショナリを使用した例
print "%(val1)d + %(val1)d = %(val2)d, %(str)s" % {'val1':1, 'val2':2, 'str':'is this ok?'}

出力例

$ python sample.py 
1 + 1 = 2, is this ok?
1 + 1 = 2, is this ok?

Python 2.6 からは format 関数が利用できます

In [9]: '{} + {} = {}'.format(1.0, 1, '2?')
Out[9]: '1.0 + 1 = 2?'

In [10]: '{myfloat} + {myint} = {mystr}'.format(myfloat=1.0, myint=1, mystr='2?')
Out[10]: '1.0 + 1 = 2?'

文字列に関する関数

join

print '-'.join("string")

出力例

s-t-r-i-n-g

find

print "This is a string".find('his')

出力例

1

split

print "This is a string".split()  # デフォルトでは空白で区切る
print "This,is,a,string".split(',')

出力例

['This', 'is', 'a', 'string']
['This', 'is', 'a', 'string']

upper, lower

print "This is a string.".upper()
print "This is a string.".lower()

出力例

THIS IS A STRING.
this is a string.

rstrip, lstrip, strip

print len(" 123   \n".rstrip())  # right strip
print len(" 123   \n".strip())

出力例

4
3

開始文字列または終了文字列による判定

'abc'.startswith('ab')
'abc'.endswith('bc')

正規表現

pythonで正規表現を使用するためには、reモジュールをインポートする必要があります。

sample.py

#!/usr/bin/python
# -*- coding: utf-8 -*-

import re
match = re.match('/(.*)/(.*)/(.*)', '/usr/bin/python')
for i in range(1,4):
    print match.group(i)
print match.groups()

出力例

$ python sample.py 
usr
bin
python
('usr', 'bin', 'python')

文字列が含まれているかの確認 (in)

In [3]: 'aaa' in 'xxxaaaxxx'
Out[3]: True
Related pages